006 五十公野駅 (6)

今日、10月14日は『鉄道の日』!

鉄道…鉄道…

と呟くシバ子に父食い付く。笑

かつては新発田駅と東赤谷駅を結ぶ

日本国有鉄道赤谷線の駅があった!と…

雑学を披露してくれる父。笑

ならば!行ってみましょう!

旧『国鉄赤谷線』巡ってみた~


014 東谷駅周辺 (7)


1984年に廃止された『赤谷線』…

ところでその駅たちはどこに?

なシバ子に朗報!

Googleマップに載ってます!!

ナビゲーションはシバ父で。笑




スタートは『新発田駅』

1922年開通。

赤谷線ホームは今の3番線!

昔は駅舎に駅弁の『新発田三新軒』や

立ち食いそば店があったみたい。

あぁ~雪だるま弁当食べたい!笑

001 新発田駅 (1)

『赤谷線サイクリングロード・起点(新発田駅東口ゲート広場)』

赤谷線廃止後…

現在はサイクリングロード&遊歩道に!

散歩やジョギング、サイクリング…

キッズからお年寄りまで楽しめる~

002 赤谷線サイクリングロード・起点(新発田駅東口ゲート広場) (1)

『東中学校前仮乗降場』跡

新発田駅起点2.9km。

1973年に新設。

当時はプレハブの待合室が

設置されてたとか!

004 東中学校前仮乗降場 (1)

『五十公野駅』跡

起点4.1㎞。

1925年に新設された有人駅。

この頃から難読駅名として

五十公野の名が全国に知れ渡ったとか!?

※あくまでもシバ父説です。笑

006 五十公野駅 (4)

『新江口駅』

起点6.5㎞。

1963年に新設された無人駅。

水田地帯の中に屋根付きベンチ発見!

恐らくここが駅舎だと思われる…

当時の人は何を思い、誰を想って

このホームに来たのだろうか…

思いをはせるシバ子。

意外とロマンチック。笑

007 新江口駅 (7)

『米倉駅』

起点8.5㎞。1925年新設の有人駅。

いいね!この駅名標!!

これはテンション上がる~

近くにはトイレと遊具も!

008 米倉駅 (3)

『新山内駅』

起点11.2㎞。1963年新設の無人駅。

近くには『山内口留番公園』と

『冠木門』が!

歴史好きなシバ父…

会津街道の歴史にも触れて大喜び。笑

009 新山内駅 (9)

『赤谷線サイクリングロード・終点(中々山公園)』

片道約12.3㎞の

サイクリングロードはここまで。

自転車で来てる人たちすごいな~

シバ子はもちろん車で!笑

010 赤谷線サイクリングロード・終点(中々山公園) (6)

『赤谷の駅』

Instagramに載せたとこ!笑

ここで衝撃事実知る…

実はこの場所、赤谷駅跡ではない?

とか…そうなの!?

011 赤谷の駅 (4)

『赤谷駅』

起点14.1㎞。1925年新設。

元宮集会所としてひっそり残る駅舎。

当時はどれくらいの人が

利用してたんだろう…

012 赤谷駅 (3)

『不動橋梁跡』

不動橋のバス停近くには

プレートガーター橋と橋脚の遺構あり!

どれどれ?なシバ子に

説明する父…いつになく生き生きしてる。笑

013 不動橋梁跡 (3)

『東赤谷駅』

起点18.9㎞。1941年新設。

当時の国鉄では珍しい

スイッチバックの終着駅だったらしい!

国鉄ファンには堪らないやつ…

だね。きっと。笑

FullSizeRender

近くを散策してみると

意味あり気な丸太が…

にしてもこの形…

まるで終点を匂わせるような置き方。笑

014 東谷駅周辺 (4)

この先は前にブログ書いた

日鉄鉱業の専用線

「東赤谷連続洞門(スノージェッド)」へと

続くみたい!

016 スノージェッド

なんだか国鉄ファンたちの

気持ちが少し分かった気がする…

にしても充実した1日だった~

今日はよく眠れそう。笑


【スポット情報】
スポット名:国鉄赤谷線跡地

【過去記事】